Till There Was You 巡音ルカ

初期のころにポールが歌っていた、Till There Was Youです。

これはデビュー前からのカバー曲で、ペギー・リーが歌っていました。
原曲はスローで、ダンスミュージックのような感じです。
スタンダード好きのポールがレパートリーに加え、ステージでも歌っていましたし、でっかのオーディションでも最初のメジャーデビューアルバムのPlease Please Meでも演奏しています。
ポールはこういう感じの曲が好きなので、今でもライブで取り上げています。

公式版では、ドラムスは無くボンゴを取り入れています。
ジョージの弾くガットギターがいい味を出しています。
ギターソロの部分は、結構練習しないと弾けません。

今回はルカのボーカルで、2回トラックをコピーして、ひとつはリバーブで、もうひとつはコーラスを少しだけ使っています。
ギターは2本ですが、両方ともHyperCanvasのナイロン弦ギターです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック