What Goes On Luka & Diva

アルバムRubber soulからりんごの歌うWhat Goes Onです。

このアルバムを作ったときに、リンゴの曲がなくて、以前にジョンが作った曲を再アレンジして使ったそうです。
Ringo.jpg
この曲ではジョージがチェットアトキンス風のリードギターを弾いています。
完全にコピーしたつもりでしたが、何となくカッコ悪くなってしまいました。
よく聴くとギターは3本聞こえます。しかし音が混ざって良くわかりません。
ギターの音は複雑で結構難しいです。
特にジョンが、目立たないけど全編複雑なバッキングを弾いています。
コーラスは、オリジナルはリンゴのリードに、コーラスはジョンとポールです。

DTMでは、巡音ルカがリードで、コーラスはCyberDivaにしました。
3音ともADT風に一瞬遅らせたトラックを作って、そのトラックにリバーブを少しだけ挿しています。

VOCALOID EDITERはV2とV4を使っていますが、.midの拡張子で共有できることがわかったので、製作がずいぶん楽になりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451881722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック