Day Tripper Cyber DIVA

HDDが壊れて1ヶ月前に完成寸前だったDay Tripperの打ち込みデータも消えました。
憤慨しながらも、また最初から全部打ち込みなおしました。

ちなみに、VSTもすべて消えたので、もう一度サーバーを探してダウンロード中ですが、まだ半分くらいです。

Day Tripper.jpg
この曲は新しいイメージがありますが、まだ4トラックを使っていた時代です。
1965年10月です。

題名の意味は有名ですね。
トリッパーというのは、マリファナでとんでいる、という意味です。
Day tripperは、たまにマリファナを使うという意味で、やや軽蔑した言葉だそうです。
またShe's big teaserという歌詞がありますが、本当はShe's prick teaserで、ライブではそう歌っていたようです。
prickを辞書で調べると一番したあたりに俗語として意味が書かれています。

曲は、ほとんどダビングなしでレコーディングされています。
特徴はなんと言ってもギターリフです。
ほぼ全体で弾いています。
最初にギターがソロで弾いて、3小節目からベースが同じメロディーを被せて、5小節目からリズムギターとタンバリン、8小節目後半からドラムが入ってきます。
ここまで聴くとゾクゾクしてきます。
ボーカルは2重録音です。
3部コーラスの部分はジョージも参加していますが、誰がどのパートかは聞き分けられませんでした。
たぶん、下からジョージ・ジョン・ポールだと思います。
この部分のコピーは、多分に推測が入っているので間違っているかもしれません。
エンディングのときに、最初のday tripperの後に、(多分ジョンが)まちがえてyeahと歌っていますが、ここはカットしました。

VSTはほとんどがABILITY付属のHyperCanvasですが、ベースは、Ample soundのABPL2を久しぶりに使いました。
ちなみギターにはTSE R47というエフェクターを使ってちょっと歪ませています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック